読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お陰様 如意輪観世音菩薩

そんなに急いで
何かあったのかい?


ようやく
夢の中で怖い言葉が
聞こえなくなった

そして
小さい頃感じていた
あのワクワクする気持ちが
よみがえった感じがする

それもこれも文殊さまのおかげ

一刻もはやく
¨ありがとう¨と伝えたくて


______それはよきことだね
文殊もきっと喜ぶことだろう


おや?
さっきまでそこにいたのを見たんだけど
どこかに行ってしまったのかな


それにしても
いい響きをするね
¨ありがとう¨   か
なんだか
久しぶりに聞いた気がするよ

何をするにも便利になってしまったから
かな

どんなことに対しても
近頃じゃ
それが当たり前だと思ってしまうことが
多くなっていると思いはしないかい?


この便利で快適な暮らしがおくれるのも
テクノロジーの進化

すなわち

そこには先人たちの知恵と技術、そして
並々ならぬ努力があったからこそ

そして

その技術が発展することができたのは
その前の先人たちによる
《命》をかけた悲しい歴史のうえに
成り立っていることを

もう一度
思い起こさなければいけない
時なのかもしれないね

こうして当たり前のように
平和な暮らしをおくることができるのも
たくさんの命の犠牲があったからこそ

そう思うと
日常の生活に対して
向かい方も
変わってくる気がしないだろうか?


普段使っている
〔もの〕にだって
感謝゛ありがとう゛は溢れている

君の髪を綺麗にとかしてくれる櫛
君を美しく彩る衣
君の唇を優しい桃色に染める紅
とかね

それから
身近な人たちにもさ


例えば
喧嘩ばかりする家族

これも立派に感謝できること


なぜなら君は一人ぼっちじゃない


そして

君自身にもね


ふっ
自分に感謝することなんかないって?


そうかな?

じゃあ聞くよ


君には
あの青く澄んだ空を
見ることができるかい?

君には
この優しい花の香りがわかるかい?

君には
楽しそうに鳴く鳥たちのさえずりを
聞くことができるかい?

君には
食べ物を美味しいと
思うことができるかい?

君には
愛おしい人の肌のぬくもりを
感じることができるかい?




どうだい?



月は心を写し

火は文明を発展させ

水は渇きを潤し

木は呼吸を教えてくれる

金は豊かさを増やし

土は恵みをもたらし

日は希望を思い出させてくれ

風は傷を癒してくれる
そして

生物は
その命と引き換えに
私たちの命をつないでくれる




そうさ


この宇宙全てに〔感謝すべきこと〕が

つまり
そこには いつも

〔愛〕が存在していると

思いはしないかい?



そして
私からも
君に




こうして
生きてくれていることに
心から感謝するよ
¨ありがとう¨
f:id:sationi:20151006092235j:plain
(C)2015 三粱世鬼

春待人

春待人