読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラメータ     自己完結

何故です。
  
何故この世界は
私に
ひどい言葉を投げつけては
私を悲しませ、
絶望へと叩き落とすのですか。



周りは自分を写す鏡_______


だ・・・と?





_______ちがう。


私はこれまでにそんなことを口に出したことなんてなかったし、
まして、
そう思うことさえなかった。

少なくても、過去の、
あの頃の私は・・・。





悔しい。

理不尽です。

どうして私ばかりが
こんな目に。



もう限界・・・です。

許せません。


私はもう
この世界を許せない。


いや、

許さない。



____お待ちなさい。


あなたはこの世界と同じことを
してはなりません。

あなたが本当に
¨周りは自分を写す鏡¨だということが間違っていると
心から思うのであれば

尚更のことだ。


それは、あなたがこの世に生まれきて
為し遂げなければならない
人生の課題

例え、この世界から
どんなに非難され、
中傷され、
罵倒されようとも、
あなたはその闇に染まることなく、
あなた自身の尊さを認め、
守り、

生涯
愛することができるかという課せられた
指命

そう、その尊さとは
この宇宙の生きとし生けるもの
全てが
生まれながらに抱いてくる


とても清らかで美しい心





さぞ、つらかったのでしょう。

苦しかったことでしょう。


しかし、それも今日で終わりにするのです。



さあ、
今すぐに私たちに語りかけるのです。

心を開き、呼び掛けるのです。

その胸のうちを吐き出しなさい。

その怒りも、悲しみも、苦しみも



全て私たちのもとに






そして、委ねるのです。



大丈夫。

私たちは決して

あなたを
見捨ることなどしない。






あなたは美しい。

まさしく、泥の中にでも
潔く咲く


あの蓮のように。f:id:sationi:20160428142619j:plain
(C)2016 三粱世鬼




在る時から、私の周りで神様、仏様、そして、弘法さまがチラチラと存在をアピールし出しました。例えば、ふと見ていたTVや何気に行った本屋さんや図書館、インターネットでヒットした情報や歌です。現実的に言いますと、私の潜在意識がそれらを引き寄せたということなのでしょうが・・・

そこでご真言を知ります。
私の憧れていた魔法の言葉でした。

それから、神様、仏様、弘法さまとのご縁は私の人生の中にすでに幾つか存在していたことにもやっと気づいたのです。

そして、私は今、
神様や仏様、弘法さまに挑んでいます。
真言祝詞、お経を毎日唱えています。イライラしてしまった時や不安に陥るとき愚痴や不満が口から出そうになった時にも唱えます。
愚痴や悪口を言って自分の世界を汚してしまうくらいなら、人にどう思われたとしても神様や仏様への素敵な言葉を口にした方がいいと思ったからです。

なにより、心が落ち着きます。心地よいのです。
真言や陀羅尼は阿闍梨からの伝授でないといけないと言われるものもありますが、私は独学です。

神様、仏様は本当に私の世界を助けてくれるのか。守ってくれるのか。

弘法さまがおっしゃるように、神様や仏様への言葉を唱えることで本当に現実は、世界は変わるのか。




実験です。

何をばかなことを言っているのか。

よくわかっています。

そして、罰が当たるという覚悟もあります。

私は
本気です。


私は弘法さまに問います。

神様、仏様はどんな者にも救いの手を差しのべて下さるのですよね。

例え、どんなならず者だとしても。



そして、現実は変わったのか?


今はまだはっきりとは言えません。
ですが、日々、気づくことがあります。
自分がどんなに幸せであるかということです。

私の天への挑戦は続いていきます。

はたして、
神様、仏様、そして、弘法さまは私にどんな宇宙の真実を見せてくれるのだろうか・・・。


このブログを一度でも読まれた方ならおわかりでしょうが、




はい、
私はクレイジーです。

( ´△`)

ですが、これは私がこの世界で体験したかったことの一つ。それから、誰になんと言われようと自分の尺度を持つこともまた然り。

頼りにしてますよ。私の潜在意識。魂。
そして、先祖様、守護霊さま、天使さま、

誰でもない私という人生の大海原へ
共に
いざ、出陣です!!!