読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命あるかぎり

今しがた 一匹の蝉がないていました。
9月も半ばを過ぎ、蝉の声はその一匹しか
聞こえてきません。
蝉は生まれてから何年もの間、土の中で
暮らします。
そして、時がくると地上へ出てきて、
自由に飛ぶことのできる
その羽をやっと広げ
大空に舞い上がるのです。
そして、全身を震わせ
なくのです。
まるで、この世に生まれてこれたことのよろこびをあらわすかのように。
たとえ、その期間が短くさだめられたと
していても
たとえ、そこには誰ひとり仲間がいないとしても
命のあるかぎり全身全霊でその一瞬一瞬を
生きるのです。

命あるかぎり
瞬間もいとおしく
与えられた
この身体と心を大切に
生かしていただいていることに
感謝し
どんな時も精一杯生きていくんだと
この蝉が教えてくれているんだと思うのです。