読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六根清浄大祓

天照皇太神の宣はく
あまてらしますすめおおかみののたまわく

人は則ち天下の神物なり
ひとはすなわちあめがしたのみたまものなり

須らく静謐を掌るべし
すべからくしずめしずまることをつかさどるベし

心は即ち神明の本主たり
こころはすなわちかみとかみとのもとのあるじたり

心神を傷ましむること莫れ
わがたましいをいたましむることなかれ

是の故に
このゆえに

目に諸の不浄を見て心に諸の不浄を見ず
めにもろもろのふじょうをみて
こころにもろもろのふじょうをみず

耳に諸の不浄を聞きて心に諸の不浄を聞かず
みみにもろもろのふじょうをききて
こころにもろもろのふじょうをきかず

鼻に諸の不浄を嗅ぎて心に諸の不浄を嗅かず
はなにもろもろのふじょうをかぎて
こころにもろもろのふじょうをかかず

口に諸の不浄を言いて心に諸の不浄を言わず
くちにもろもろのふじょうをいいて
こころにもろもろのふじょうをいわず

身に諸の不浄を触れて心に諸の不浄を触れず
みにもろもろのふじょうをふれて
こころにもろもろのふじょうをふれず

意に諸の不浄を思ひて心に諸の不浄を想はず
こころにもろもろのふじょうをおもいて
こころにもろもろのふじょうをおもわず

此の時に清く潔き偈あり
このときにきよくいさぎよきことあり

諸の法は影と像の如し
このときにかげとかたちのごとし

清く潔ければ仮にも穢るること無し
きよくきよければ
かりにもけがるることなし

説を取らば得ベからず
ことをとらばうベからず

皆花よリぞ木実とは生る
みなはなよりぞこのみとはなる

我が身は則ち六根清浄なるが故に
わがみはすなわち
ろっこんしょうじょうなるがゆえに

五臓の神吾安寧なり
ごぞうのしんくんあんねいなり

五臓の神君安寧なるが故に
天地の神と同根なり
ごぞうのしんくんあんねいなるがゆえに
てんちのかみとどうこんなり

天地の神と同根なるが故に
万物の霊と同体なり
てんちのかみとどうこんなるがゆえに
ばんぶつのれいとどうたいなり

万物の霊と同体なるが故に
ばんぶつのれいとどうたいなるがゆえに

為す所の願いとして
成就せずといふことなし
なすところのねがいとして
じょうじゅせずということなし

無上霊宝  神道加持
むじょうれいほう しんどうかじ


ここからは《現代語訳》です。


お日様(天上にいる神様)が、
こう言いました。


人は、天の下にいる神様なんだ。


穏やかな平安を願う心こそ

お日様と人の
もとの主人なんだ。


自分の無意識(魂)を
傷つけないようにしようね。


だから、
眼にネガティブな映像が写っても、
無意識には持ち込まないこと。

耳にネガティブな言葉を聞いても、
無意識には持ち込まないこと。

鼻にネガティブな香りを嗅いでも、
無意識には持ち込まないこと。

口でネガティブなことを言っても、
無意識には持ち込まないこと。

身体にネガティブなものが触れても、
無意識には持ち込まないこと。

意識にネガティブな思いが起こっても、
無意識には持ち込まないこと。


こうすると
意識(理性)と無意識(魂)が、
清く澄んでくるよ。


多くの現象(法)は
影や映像のようで
実体はないんだ。



清いんだから
穢れなんかないんだよ。


論理的(理性的)に考えると
この実感は湧かないよ。


この身は(神という)
花のように美しいものから
生まれたんだ。


だから、わが身は
六根清浄なんだ。


六根清浄だから、
心の中にいる神様が、
具合良く内臓を動かして
くれているんだ。


人の心の中にいる神様が、
穏やかだから、
天地を司っている神様も
穏やかなんだ。

天・人・地の神様が一体だから、
万物のスピリット(霊魂)は
ひとつなんだ。



あなたのスピリット(霊魂)は
同じひとつのものだから、
思いはすべて
叶っているんだよ。



そうでないと思うのは
勘違い。

本当のあなたは無意識(魂)のあなた。

無意識の思いが実現しているので、
意識(理性)の思いが実現しているのでは
ないんだ。


あなたの無意識が清いことがわかれば、
現象(法)は
あなたの思い通りに動くよ。




これを
シンクロニシティ共時性)と
言うんだ。
f:id:sationi:20160504131720j:plain
(C)2016 三粱世鬼



こちらは小林阿闍梨さまというお方が
訳されたものだそうです。

素敵です。
素晴らしいです。

小林阿闍梨さま
そして、こちらを伝えてくださった方々に
心より感謝いたします。